ベドルジハ・スメタナ/モルダウ

スメタナ ベドルジハ モルダウ

Add: zymopy37 - Date: 2020-11-28 07:50:28 - Views: 31 - Clicks: 1715

クシシュトフ・ウルバンスキ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団. ベドルジハ・スメタナの『わが祖国』の第二曲はなぜ、モルダウと言われるのですか?「モルダウ」とはどういう意味ですか? スメタナがそう名付けたからです。「モルダウ」というのは川の名前です。最近は「ブルタバ」と呼ばれることが多いですが、これは「モルダウ」の原語です. ベドルジハ・スメタナ(Bedřich Smetana) 今回採りあげる弦楽四重奏曲第1番「わが生涯より」の作曲者スメタナは、連作交響詩『わが祖国』の”モルダウ”や歌劇『売られた花嫁』で広く知られる作曲家です。. スメタナは最初、カテジナ抜きでヨーテボリに向かった。リストへの書簡によると、彼は、そこの人々は音楽的には洗練されていないと述べている。しかし、彼はそれを「自分がプラハで達成できなかっただろう衝撃を与える」良い機会だとみなしていた。彼が到着してから数週間のうちに、彼は最初のリサイタルを開き、音楽学校を開いた。そして、ヨーテボリのGothenburg Society for Classical Choral Music (英語)の指揮者にもなった。数か月のうちに、スメタナはヨーテボリで、職業的にも社会的にも認められるようになった。作曲にはほとんど時間を割くことができなかったものの、仮に『Frithjof』と『The Viking&39;s Voyage』と題された2つのオーケストラ曲を目指した。しかしながら、この2曲はスケッチは作成されたが、途中で放棄された。1857年に同地で2回ピアノの演奏会を行っており、同年4月17日に行われた演奏会ではベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏し、批評家たちから大いに絶賛されている。 1857年5月にスメタナはプラハに一時帰国し、体調を崩しているカテジ. ベドルジハ・スメタナの性格とか人柄って何だと思いますか? モルダウを作曲したスメタナさんですが、どんな性格だと思いますか?以前、本に地味とか根暗とか書かれてあり、気になったので質問しました。知っている方、教えてください! ここにはスメタナについて非常に良く書かれて. 悪化する健康の中、スメタナは作曲を続けた。1876年6月、彼とベッティーナ、2人の娘はプラハを離れ、ヤブケニセ(英語版)に引っ越した。この地には、前妻のカテジナとの娘、ゾフィーの家があった。静かな環境に囲まれ、スメタナは平穏の中で仕事をすることができた。プラハを離れる前、スメタナは交響詩『わが祖国』の作曲を開始した。このうち、最初の2曲、「ヴィシェフラド」(Vyšehrad)と「ヴルタヴァ」(Vltava)の2曲は、プラハ滞在中に完成しており、1875年中にプラハで2曲とも演奏されている。ヤブケニセで、スメタナは残りの4曲を作曲し、1882年11月5日に、アドルフ・チェフの指揮の下、初演されている。この時期の他の著名な楽曲としては、『弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より」』、ピアノ曲『チェコ舞曲集』、いくつかの合唱曲、そして3つのオペラ『口づけ』、『秘密』、『悪魔の壁』がある。これらは全て、1876年から1882年の間に初演されている。 1881年6月11日、プラハで国民劇場が開場され、長い間先延ばしされていた、スメタナのオペラ『リブシェ』がついに初上演された。スメタナには、.

カテジナの健康は徐々に悪化し、1859年の春には最悪の状態になった。彼女は故郷に帰りたいと切望していたため、ドレスデンに戻り、同地で1859年4月19日に亡くなった。スメタナは、彼女が死んだことについて、「gently, without our knowing anything until the quiet drew my attention to her. See full list on weblio. 12)について チェコ生まれの作曲家。父の反対を押し切ってプラハへ出、 貴族の音楽教師の職に就く。その後リストの資金援助を得て 彼自身の音楽学校を設立。中途失聴者となるも作曲を続け その中で出来た.

More ベドルジハ・スメタナ/モルダウ videos. ベドルジハ・スメタナ 『モルダウ』. ベドルジハ・スメタナBedricha Smetana チェコ (1824-84) <生涯> スメタナ Smetana チェコ (1824-84) は ロマン派 の名実ともに重要な作曲家である。. ベドルジハ・スメタナはチェコのパルドゥビツェ州リトミシュル生まれの作曲家です。 ビール醸造業者の家にて育ち、音楽好きであった父の影響を受け、幼少期からヴァイオリンとピアノに親しみました。 6歳の時には公の場で演奏するほどの腕前になり、その後「フランチシェック・イカヴェッツ」に師事し、作曲を若くして学んだといわれています。 この頃のスメタナは父の仕事の影響から転勤が多く、再度転校するなど環境の変化が大きい幼少期を過ごしました。 ただ、それが人格形成に悪い影響を与えたわけでなく、クラシック音楽家の中では比較的穏やかな幼少期を過ごしたとされています。 順風なスメタナの人生が少しつづズレ始めたのは15歳の時。 スメタナは家族の元から離れ、プラハ「アカデミック・グラマー・スクール」に進学しますが、学校に馴染むことができず不登校になります。 そんな傷心のスメタナの心を癒したのは音楽でした。 スメタナは学校に行かずコンサートに通い、幅広い音楽の教養を身につけます。 また、自らもアマチュア弦楽四重奏に参加するなど、精力的に音楽活動を行い、やがて「音楽こそが自分の生きる道」と確信します。 しかし、プラハでの生活は長くは続きませんでした。当たり前ですが、不登校であることが親にバレます。 結局スメタナは父にプラハから連れ戻され、プルゼニという街にて残りの学生生活を送りました。 それでもスメタナの音楽への情熱は失われることはありませんでした。 夜会でピアニストとして名声を博すなど、プルゼニにおいても音楽活動を多岐にわたって展開。 やがてスメタナが音楽家を目指すことに反対していた父も、息子の音楽に対する姿勢を見ているうちに考えが変わり、音楽家の道を追うことに賛成します。 そして19歳の夏。プルゼニの学校を卒業し、音楽を目指すために再びプラハへと赴きました。. 1月24日 スメタナ/モルダウ VPO ムジークフェライン EMIスタジオ録音 Matrix:2VH7257-3/58. デジタル大辞泉プラス - モルダウの用語解説 - チェコの作曲家ベドルジハ・スメタナの交響詩(1874)。原題《Vltava》。連作交響詩『わが祖国』の第2曲のドイツ語名。ヴルタヴァ川(モルダウ川)の源流からエルベ川に合流するまでの情景を描いた作品。. スメタナの西ボヘミアでの演奏旅行はサポートが貧弱であったため、彼はそれを中止しプラハへ戻った。プラハでは彼は私的に音楽の生徒をとり、また時折室内楽コンサートに伴奏者として出演し生計を立てていた。また、スメタナは初めての一流の管弦楽曲、『祝典序曲 ニ長調』の作曲を始めた。 1848年の短期間、スメタナは革命運動に傾倒していた。同年にヨーロッパを席巻した政治的変化と動乱の風潮の中、プラハでは民主化運動がおこり、この中でスメタナは、旧友であるカレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーと再会した。ボロフスキーは、政治的自治を得るためにハプスブルク家の専制支配に終止符を打つことを主張していた。この市民兵たち("Svornost")は、想定されうる攻撃に対してプラハを守るための防御策を講じた。スメタナは、愛国的な楽曲のシリーズを書いた。その中にはチェコ国家の番人とプラハ大学の学生グループそれぞれに捧げられた行進曲、ヤーン・コラールの詞に楽曲を付けた『自由の歌』がある。1848年6月、ハプスブルク家の軍が反乱の動きを鎮圧するために動き始め、プラハはアルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツに指. 指揮者活動初期、スメタナにはプラハ歌唱学校の指導者、フランチシェック・ピヴォダという強敵がいた。以前はスメタナの支援者だったが、スメタナがピヴォダの学校からよりも海外から歌手を募集したことで、ピヴォダは不当な扱いを受けた。ますます辛辣になる公的なやりとりの中で、ピヴォダはスメタナが、他の作曲家を犠牲にして、彼の経歴をよりよくするために、自身の地位を利用していると主張した。 そして、ピヴォダは、『ダリボル』に関する論争の中で、それを極端な"ワグネリズム"の一例であると呼び、そして、チェコの国民的オペラのモデルとしては不適当であるとしている。"ワグネリズム"とは、ワーグナーの理論を採用していたことを意味している。仮劇場の主宰、フランチシェック・リーガルは、『ボヘミアのブランデンブルク人』の初演後、スメタナをワグネリストの傾向があるとして非難していた。そして、その問題点がついにプラハの音楽界を二分するまでになった。音楽評論家、オタカル・ホスチンスキーはワーグナーの理論は民族のオペラの基礎になるだろうと信じていたし、『ダリボル』が、正しい方向に進み始めた作品であると主張していた。ピヴォダ率いる、対立グループは、イタリアオペラの原則を推奨した。それでは、オーケストラより歌唱の方が、ドラマティックなオペラには重要であるとされていた。 仮劇場の中でさえ、意見は真っ二つに割れていた。リーガルはスメタナを首席指揮者から解任し、マイールを再任するキャンペーンを行った。そして、1872年12月、スメタナの解任を請願する請願書が、86名の署名と共に提出された。これに対して、仮劇場の副主宰であるアントニーン・チーセックによる強いサポートと、ドヴォルザークらのような卓越した音楽家らからの主張によって、スメタナは仮劇場の地位を保証された。1873年1月、スメタナはより高給でより大きな責任を負う、芸術監督として再雇用された。 スメタナは、仮劇場の演目に、新進気鋭のチェコの作曲家たちによるオペラを採用したが、自身の作品についてはそれほど扱わなかった。1872年までに、スメタナは、4番目のオペラである『リブシェ』を完成させた。この作品は、スメタナの作品の中で最も野心的なものであったが、将来の国民劇場のオープニングのプレミアショーのためにすぐに上演されなかった。ピヴォダの策略とその支援者たちは、ス.

ベドルジハ・スメタナは1824年3月2日、ボヘミア北部、現在のパルドゥビツェ州に位置する都市リトミシュルで生まれた。リトミシュルはプラハの東に位置し、ボヘミアとモラヴィアの歴史的境界の近い町で、当時はオーストリア帝国(ハプスブルク君主国)領であった。父はフランチシェック・スメタナ()で、母はフランチシェックの3番目の妻であるバルボラ・リンコヴァーである。ベドルジハは、フランチシェックとバルボラの間の3番目の子供で長男であった。フランチシェックには、前の2人の妻との間に8人の子供がおり、内5人の娘が幼少期を生き残っている。フランチシェックとバルボラは10人以上の子供をもうけており、内7人が成人になっている。この地域を治めるハプスブルク家の敷いた制度により、ドイツ語がボヘミアの公用語であった。この社会的な理由と仕事の関係から、フランチシェックはチェコ語を話すことができたものの、生活においてはドイツ語を使用していた。そのため、彼の子供達は、かなり年を取るまで正式なチェコ語を知らないままであった。 元々スメタナの一族は、ボヘミアのフラデツ・クラーロヴェーに居住しており、フランチシェックの代にリトミシュルへと移住している。フランチシェックは、最初ビールの醸造業者の商取引を学び、ナポレオン戦争中にフランス帝国軍に衣類と食糧を供給することによって、中流階級の富を獲得した。その後、1823年にリトミシュルに移る前まで、彼はいくつかのビール醸造業者の経営を行っていた。リトミシュルには、当地をリトミシュル城を中心に治めていた、ヴァルトシュタイン伯のビール醸造者として移っている。 フランチシェックは、若い頃に少しばかりヴァイオリンを習った程度であったが、音楽に関しては才能が有り、仕事を終えた直後に友人たちと一緒に弦楽四重奏を演奏することを楽しんでいた程の音楽好きであった。ベドルジハは、父の影響から早くに音楽に触れたこともあって、幼少期から音楽的才能を開花させ、早い時期からヴァイオリンを学んでいる注釈 1。スメタナも父と友人たちとの演奏に参加しており、弦楽四重奏曲などを演奏していた。のちにピアノも本格的に習って上達し、ヴァイオリンよりもピアノの方を気に入ったという注釈 2。1830年、6歳の時に、ベドルジハは公の場で演奏している。このコンサートはリトミシュル. 1作曲家としての地位を確立します。 ただ、その時にはもう既にスメタナは脳梅毒の末期症状(諸説あり)にかかっていました。 精神錯乱にも陥っており、1884年5月12日にプラハの精神病院においてその生涯を終えます。. ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、チェコ語: Bedřich Smetana ˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana 発音 ヘルプ / ファイル 、1824年 3月2日 - 1884年 5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。. ベドルジハ・スメタナ( 1824 - 1884 Bedrich Smetana )は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニストで、特に6連の交響詩からなる「我が祖国」の2番目の「ヴルタヴァ (Vltava)」が日本ではよく知られています。. スメタナといえば晩年に作曲された「我が祖国」が圧倒的に有名。その他にも数々の名曲が存在しますが演奏される機会は少ないです。 我が祖国 第2番『モルダウ』 1874年11月20日から12月8日の間に作曲されたスメタナの超有名曲。ヴルタヴァとも呼ばれるこの曲はチェコ国内最大の川であるヴルタヴァ川の流れを描写しています。 合唱曲や歌曲、さらにはロックやジャズにもアレンジされるほど、世界中で愛されている一曲です。 弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 「わが生涯より」 スメタナ自身の生涯を象徴する半自叙伝的な内容をもつ室内楽曲。聴力を失ったスメタナが作り上げた晩年の作品であり、演奏難易度が非常に高い曲としても知られています。 クラシック音楽としては珍しいヴィオラが主旋律を担当することが多く、同奏者のレパートリーとしても重要視されています。 わが祖国 第3番「シャールカ」 プラハの北東にある谷「シャールカ」をモチーフとした作品。チェコの伝説『乙女戦争』に登場する勇女の名が谷の由来であり、その物語の内容をスメタナは管弦楽で表現しました。 曲調は激しく、その迫力から「わが祖国」の6曲の中でも印象に残りやすい曲といえます。. .

ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、チェコ語: Bedřich Smetana ˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana 発音 ヘルプ / ファイル 、1824年 3月2日 - 1884年 5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。. ※スメタナの代表的な管弦楽曲です。 ドラムセットのパートを加えた小編成の 楽譜です。 ※コードネームを付けています。 ギターやピアノなどで、すぐに多くの人が一緒に演奏できます。 ※各パートの楽器は!(例) 第1パート~旋律(ギター・キーボード等 旋律を演奏する楽器) 第2. スメタナが学校を卒業するまでの間に、父・フランチシェックの財産は少なくなっていた。フランチシェックは、この頃にはベドルジハが音楽家の道を追うことに賛成していたものの、金銭的な支援を行うことができなくなっていた。1843年8月、スメタナは僅か20ガルデンを持ってプラハに移るが、短期間で成功する展望は無かった。正式な音楽教育を完全に受けていなかったことから、スメタナは教師を必要とし、前述のカテジナ・コラージョヴァーの母から、カテジナがちょうど在籍しているプラハ音楽大学の長であるヨゼフ・プロクシュを紹介される。プロクシュは、当時としては最新の指導法を用いており、ベートーヴェンやショパン、ベルリオーズ、更にリストのライプツィヒサークルの楽曲を用いていた。1844年1月、プロクシュはスメタナを生徒にとることに同意し、同時に貴族であるトゥーン卿の家族の音楽教師の職を確保し、スメタナの経済的困窮を救おうとした。 それからの3年間、スメタナはトゥーン家の子供たちのピアノ教育を行いながらプロクシュの下で理論と作曲法を学んだ。この期間に彼が作曲した楽曲には、歌曲、ダンス、バガテル、即興曲、ピアノソナ. 名前:ベドルジハ・スメタナ(Bedřich Smetana) 生まれ:1824年3月2日 〜没:〜1884年5月12日(60歳) 活躍した場所:現在のチェコ、スウェーデン; ジャンル: チェコ国民楽派 、ロマン派. ヴルタヴァ(モルダウ) (Ongaku no tomo miniature scores) スメタナ 、 西原 稔 | /4/23.

ベドジフ・スメタナ(またはベドルジハ・- / ベトルジヒ・-、チェコ語:Bedřich Smetanaˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana 、1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家であり、「ヴルタヴァ」(モルダウ)を含む一連の6つの交響詩から成る『わが祖国』(Má Vlast)が特に知られる。. モルダウ(弾き語り ベドルジハ・スメタナ/モルダウ / 中上級)のピアノ楽譜をダウンロード。480円。楽譜プリント&楽譜ビューアで移調や音楽再生も。無料. モルダウ・「我が祖国」より ベドルジハ・スメタナのお誕生日(^^♪ ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、チェコ語: Bedřich Smetana ˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana Cs-Bedrich_Smeta. (Arr:Julia Schiegnitz) ♪ベドルジハ・スメタナ(1824. ベドルジハ・スメタナ(1824年~1884年) チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。チェコ音楽の祖。 有名な作品は、「連作交響詩『わが祖国』」「オペラ『売られた花嫁』」「弦楽四重奏曲第1番『わが生涯より』」。.

1863年7月、サビナは2作目のオペラのリブレットを送った。このオペラは、『売られた花嫁』と題されたライト・コメディであった。スメタナは、次の3年間でこのオペラの作曲を行った。『ボヘミアのブランデンブルク人』の成功によって、仮劇場の運営者は、新しいオペラの上演に簡単に同意した。『売られた花嫁』は、1866年5月30日に、セリフ付きのオリジナルの二部構成版で上演された。このオペラは、いくつかの改訂と再構成が行われ、最終的に三部構成となり、やがて、スメタナの国際的な名声を確立するに至った。ただ、このオペラの初演は失敗に終わった。当時は、ボヘミアがプロイセン王国による侵攻の脅威にさらされており、普墺戦争の開戦目前という緊迫した時期な上、この年の中でも最も暑い夕方であったことが原因と言われる。当然、観客の入りは悪く、支出を賄うこともできず、赤字であった。1870年9月、改訂後の最終版を仮劇場で上演した際は、途方もない成功を収めている。 1866年、スメタナは、ドイツ軍の侵略を内容に含んでいる『ボヘミアのブランデンブルク人』の作曲家として、自身がプロイセン侵略軍の標的にされるのではないかと. 概要編集 ベドルジハ・スメタナ(1880年以前に撮影)スメタナは1856年から1861年まで、故国ボヘミアを離れてスウェーデンのヨーテボリでピアニストおよび指揮者として活動していたが、この時期にリストの影響を受けて『リチャード三世』作品11(1857年. 仮劇場の芸術監督として再任された後、その職務の中の幾ばくかの期間を使って、スメタナは5番目のオペラ『二人のやもめ』を書き上げた。作曲は、1873年6月から1874年1月の間に行われた。このオペラは、1874年3月27日に仮劇場で初演され、この舞台の後、スメタナの支援者たちは、彼に装飾の施された指揮棒 (baton)を贈呈している。しかし、スメタナと対立する者たちは、彼への攻撃を続けていた。具体的には、マイール体制と比べて、彼の指揮者ぶりを非難し、スメタナの下で「チェコオペラは、あとわずかで死んでしまう病に罹りつつある」と主張した。同年夏ごろまでに、スメタナは病に伏せることになる。咽喉感染症に続いて、発疹、耳に明らかな閉塞が起こった。8月中ごろまで、働くこともできず、彼の仕事は代理として、アドルフ・チェフが担当した。各新聞は、スメタナは「最近の特定の人々によって引き起こされた、精神的な苦痛の結果、病気になった」と書いている。 9月になると、スメタナは健康状態が改善されるまで、職を辞することを仮劇場に伝えた。スメタナの右耳は、既に完全に失聴しており、10月になると残る左耳も同じく完全. ベドルジハ・スメタナの「モルダウ」の尺八演奏用の楽譜を表示します。 「モルダウ」は、スローテンポな3拍子のボヘミアのクラシック曲です。 尺八譜索引. ベドルジハ・スメタナ 交響詩《わが祖国》より第3曲〈ヴルタヴァ〉(モルダウ)および第2曲〈シャールカ〉 (24分) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団. 1作曲家となったスメタナ。夢が叶った時にはもう既に耳も聞こえなくなり、精神も蝕まれていましたが、その不屈な精神によって作られた名曲の数々は今尚色褪せません。. スメタナの楽曲一覧では、ベドジフ・スメタナの作品リストを示す。ジャンル、作品番号、オリジナル・タイトル、日本語タイトル(不明の場合は英語タイトル)でソート可能である。 下表の番号は以下の三種類が存在する。. ベドルジハ・スメタナ (Bedrich Smetana) の連作交響詩『我が祖国』(Ma Vlast) は、「モルダウ」が特に有名です。ここでは解説のあと、お薦めの名盤をレビューしていきます。 全体が一連の流れになってい.

『我が祖国』 ( わがそこく 、 ( チェコ語: Má Vlast )は、ベドルジフ・スメタナの代表的な管弦楽曲で、1874年から1879年にかけて作曲された6つの交響詩からなる連作交響詩。第2曲『ヴルタヴァ』(モルダウ、バルタバ)が特に著名である。. HB3608 SMETANA:Die Moldau 2Pf. . スメタナの組曲「わが祖国」より「モルダウ」を 原曲のイメージのまま 弾きやすくピアノ連弾にしました。 初級程度、全4ページです。 適宜ペダルを入れながら、 なめらかに演奏してみてください。 楽譜の演奏は動画よりご確認ください。. Bedrich Smetana - ベドルジハ・スメタナ - Wikipedia. プラハで音楽家として活動を始めたスメタナですが、音楽科による教育を受けていなかったことから、まずは作曲の専門的な勉強が必要でした。 そんなスメタナに救いの手を差し伸べた人物がプラハ音楽大学の長であるヨゼフ・プロクシュ。 彼はスメタナの師となり、スメタナの経済的貧困を救うために貴族トゥーン家の音楽教師の職を与えるなど、公私ともにサポートを惜しまなかったという記録が残されています。 3年に及ぶプロクシュによる修行を終えたのちは室内楽コンサートの伴奏者として生計をたて、音楽家としてのキャリアを積みました。 この時代に残されている主な曲は以下の通り スメタナに転機が訪れたのは1848年のこと。フランツ・リストに才能を認められたことをキッカケに援助を得ることができるようになり、スメタナの作曲活動は加速的に広がりを見せます。 若き日のフランツ・リスト 1849年にはカテジナという女性と結婚し、伴侶を得ます。 その後フェルディナント1世の常任宮廷ピアニストの職につき、金銭的な余裕を得たスメタナは作曲活動を幅広く展開させ、『祝典交響曲』『婚礼の情景』といった作品を作曲。 徐々にではありますが、知名度を上げていきました。 不幸の連鎖 スメタナが30歳を迎えたころ。不幸の連鎖が彼を襲います。 長女のベドジーシカ、次女ガブリエレ、四女カテジナが相次いで死去。 妻カテジナも結核の診断を受け、旧友カレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーもこの世を去りました。 また、コンサートでの酷評が続いたことに加え、プラハの政治的治安が悪化の一途を辿っていることからスメタナは「プラハ」という街に嫌気がさしてしまい、32歳になるころにチェコを見限り、スウェーデン・ヨーテボリへ旅立ちました。.

チェコ共和国で最長の「ヴルタヴァ川」は、ドイツ語名を「モルダウ」と言います。本日ご紹介する曲は、チェコの国民的作曲家ベドルジハ. 派閥争いが激化しているチェコにおいて浮き沈みの激しい作曲家生活を送っていたスメタナですが、保守派の妨害工作に会いながらもオペラ作曲家として成功を収めました。 特に1868〜74年の時期はスメタナの全盛期となり、プラハの一流作曲家と認められるようになります。 しかし、そんなスメタナに悲劇が訪れます。 ストレスの多い生活を送っていたためか耳の持病にかかり、1874年に両耳を失聴。 音楽家として致命的な聴力を失ってしまいます。 失聴したスメタナは保守派の攻撃に合い、音楽家としての職を奪られ生活苦に。さらには妻ベッティーナとの関係も悪化し、積み重ねてきたものが一気に崩れていきました。 ただ、そんな絶望的な状況下の中でも作曲をすることを辞めず、遂に代表作を作曲します。 それが連作交響詩「我が祖国」です。 我が祖国は1874年から1879年にかけて作曲された6つの交響詩からなる連作交響詩であり、チェコ国民音楽の記念碑的な作品とするために数年構想を練って作られた曲です。 有名なのは第2番 モルダウであり、この曲は誰もが1度は聴いたことがあるでしょう。ちなみに、この曲を書き終えた時にスメタナの耳は完全に聴こえなくなったといわれています。 その後も耳が聴こえない状態でありながらも『弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より」』、ピアノ曲『チェコ舞曲集』3つのオペラ『口づけ』、『秘密』、『悪魔の壁』といった曲を創り上げ、遂に若き頃から思い描いてきたプラハNo. OGTー237 スメタナ 連作交響詩「わが祖国」 1. ヴィシェフラド(高い城) 2.

ベドルジハ・スメタナ/モルダウ

email: ezafy@gmail.com - phone:(718) 551-2871 x 3469

これからの経済社会 - 神谷克巳 - 毛筆わーぷろガイドブック 岡田庄司

-> 画像認識 機械学習プロフェッショナルシリーズ - 原田達也
-> 橋爪のこれだけで合格を決める 有機化学25題 - 橋爪健作

ベドルジハ・スメタナ/モルダウ - 大人のピアノはじめてのクラシック バラット キャロル


Sitemap 1

最強のPOG青本 2007-2008 - 丹下日出夫 - 大化の改新 多武峯縁起絵巻